So-net無料ブログ作成
検索選択

桜宮高校 バスケ部 成績 [事件]

桜宮高校 バスケ部 成績

桜宮高校がバスケ部では強豪ということになっています
ちょっと、桜宮高校のバスケ部の成績を調べてみました

 ■全国高校総体(インターハイ)沖縄大会 (平成22年)
 ■全国高校総体(インターハイ)大阪大会 5位(平成18年)
 ■全国高校総体(インターハイ)千葉大会 2回戦(平成17年)
 ■全国高校総体(インターハイ)長崎大会 2回戦(平成15年)
 ■全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ) 2回戦(平成17年)
 ■国民体育大会 秋田国体 出場(平成19年度)
 ■近畿高校総体(インターハイ) 3位(平成22年)
 ■全国高校総体 大阪府予選会 優勝(平成20年/平成22年)
 ■大阪高校総体 2位(平成19年)

確かにインターハイは4度出場しています
最高5位

大阪府内では確かに優勝を争うレベルかとは
思いますが

全国大会では出場レベルですね

バスケットやりたいならもっと強豪チームへ行くこともできるでしょうけど
体罰なんかされずに強いチームはいくらでもありますよね

それなのにこの高校を目指しているものがいるということは
どういうことでしょう?

この顧問は、大学にも顔が利いていたそうです
自殺した生徒もバスケ部をやめると大学進学に
影響することも考えていたのでしょう

キャプテンといえば他のものより
評価が高くなるのは間違いなさそうですから

辛かったでしょうね、バスケをやめるくらいなら
死を選んだのですから

このような指導をした顧問、それにここの顧問の管理責任者
この先どう責任取るのでしょう
懲戒処分?
そんなものではなく、人として一生罪を償って欲しいものですね





スポンサーリンク



桜宮高校 バスケ部 キャプテン 画像 [事件]

桜宮高校 バスケキャプテン 画像

桜宮高校のバスケ部キャプテンの画像はまだ見当たりません

その代わりに桜宮高校のバスケ部顧問のフェースブックがありました
実名も記載されています

画像もあります
これがそのプロフィールです

2013y01m13d_025826021.jpg

桜宮高校のバスケ部キャプテン、ホントにかわいそうですね
死を選ぶということはどんなに辛いことだったのでしょうか
責任感もあり、きっとやさしい子だったに違いありません

そういう子を死に追いやったバスケ部顧問許されることではないですね

この先どのようになるのでしょう
この事件は暴行事件になるのでしょうか

体罰といっても、30,40発殴るということは
まさしく暴行と思いますが

そうなると逮捕されるのでしょうかね

刑事事件となり、学校は懲戒免職されるのでしょう
もう2度と指導者になることはできないでしょう

しかし、一方でこの顧問を擁護する人も現れていますね
体罰を肯定する人たち
この顧問の指導を受けた一部のOBからその声が聞こえています

亡くなった、自殺までしたキャプテンの気持ち
これっぽっちもわかっていないですね

それどころか、このキャプテンを否定する人まで現れています

人を死にまで追い込んだことを軽視しているのでしょうか

体罰イコール暴力です
このことは間違いないことです

これからもまだ、この事件真相がいろいろ出てきそうですね

この事件をもって最後にして欲しいものです
そうしないと自殺したキャプテンがうかばれません







スポンサーリンク



大阪市立桜宮高校 バスケット部 顧問 名前 [事件]

大阪市立桜宮高校 バスケット部 顧問 名前

大阪市立桜宮高校 バスケット部 顧問 名前

それは小村基といいます

テレビでは名前は明かされていないのですが
ネットで調べればすぐ分かりました。

大阪市立桜宮高校 バスケット部 顧問 ということで

ところで、この事件なのですが
この学校、保護者にも体罰を容認するような
雰囲気があるそうです

体罰をやめるとクラブが弱くなる
そう信じている人たちが大勢いるみたいです
OBにもバスケット部顧問を擁護するような
発言も見かけました

体罰をやめるとクラブが弱くなる、逆を言えば
体罰をやるからクラブは強いということですか?

大阪市立桜宮高校では、体罰は常態化していたようです
バスケ部の体罰も今回が初めてではなく
おととしも体罰の問題が発覚しています

その時の学校は、この体罰顧問に事情聴取し
顧問は、体罰などやっていないと答えて
それをそのまま大阪市教育委員会に報告していたそうです

また、バスケット部だけではなく、バレーボール顧問も
体罰を行っているそうです

学校も体罰容認、クラブを強くするためには仕方ないと
思っていたのでしょうね

しかしそのことが若い命を奪うことに繋がったということは
反省しなければなりません
また、その罪を償わなければなりません

体罰を愛のムチとか言う人もいます
信頼関係があるなら。。。とか

そんなことは、決してないことです
体罰はあってはならないことです

もう、そういう体罰を与える指導やめなければいけません
時代は変わっています
信頼はそんなことでは築かれません

もう2度とこのような事件は聞きたくないですね



スポンサーリンク



回線速度

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。